仕事が趣味です

趣味が仕事です

高専卒から社会人芸大生になった話

この記事は 高専OBOG Advent Calendar 2019 の8日目の記事です。

高専卒のべこ(becolomochi)と申します。現在の仕事はデザイナーです。
高専でデザインを学んだわけではなく、もともと絵を描いたりレイアウトを作ったりするのが好きでやめられず、そちらの道に進みました。
今日はそんなわけで自分の高専卒業から就職、大学のことについて書こうと思います。

高専にいる間

親に「大学進学はやめろ」と言われている中で無理にお金を出してもらって進学してもなと思い、就職希望に。
(やる気をなくしている状態だったこともあり奨学金取ってまで学ぶ気もなく…。)

就職を希望したものの、就職担当の先生と折り合いがつかない。学校に届いた求人票を見ても働いている自分がイメージできない。 自分で新卒の求人をしている会社を探すことにしました。
(学校推薦?知らないなあ〜)

でも就職できた

印刷会社でDTPオペレーターになりました。   Adobeのソフトをプロがどう使ってるのかを知りたかったためです。

当初はWeb系にも行きたいと思っていたのですが、今後転職するにもWebから紙媒体への転職は時代的に逆行している気がしたのでまず先に紙に行ってみました。

それと、もうひとつ野望がありました。

大学に行きたい

やはりデザインを学びたかったので、芸術大学の通信コースに入学しました。少し貯金もできてきた社会人になって3年目のときです。

ググって出てきた京都造形芸術大学に資料請求しました。

www.kyoto-art.ac.jp

あと大学ではありませんが桑沢デザイン研究所の夜間も資料請求してみました。地方在住で夜間でも通うことはできなかったので結局諦めています…。

www.kds.ac.jp

「本気なら会社辞めてみっちり大学行きなよ」となるところですが、ざっくり言うとその勇気がなかったです。
いま、多様な生き方が許されつつある中でゼロかイチかみたいな考え方はもう合わないですし、学ぶことで刺激を受けるのでなんかこういう感じで働きながら学ぶ人がもっとどんどん増えればいいのになーとか思っています。

以下の情報は自分が在籍していた2011年度〜2014年度までの話です。

入学試験

京都造形は試験はなかったです。申請書に入学を希望する理由を書くような作文はありました。

授業料と期間

毎月の給料は多くなくてギリギリでしたが、授業料は貯金とボーナスでまかないました。

高専卒だと芸大でも3年次編入ができて単位免除が半分くらいあったかな。それでも働きながらだったので卒業まで4年かかりました。

学び方

普段は自宅学習で課題制作やレポートを書いて、月に1〜2回はスクーリングで東京まで通っていました。

シビアに評価されるので自宅課題は再提出もわりとよくありました。
課題はいくつもありましたし、審査に1ヶ月くらいかかる中で1年に10回程度?の締め切りで合格しないと次の年に上がれません。本気で取り組まないとでした。通信制だと一見ユルそうにみえますが簡単ではなかったです。(再提出で挫折する人も多そう。私も一度折れました。そして卒業が延びた…)

高専のときにもレポートはたくさん書きましたが、分野も違えば内容も違うので全然別の頭を使う感じでした。

まわりの人に刺激を受ける

少し悲しい話ですが、在籍している間は仕事の都合だったり家庭の都合だったりでやむを得ない事情で大学をフェードアウトする人が大勢いました。
ですが逆に休学していたのを復帰してきた人もいましたし、流動的である意味とても風通しが良かったです。自分には合っていたように思います。

さまざまな地域に住み年齢も職業もバラバラな人が通っているので、作品の感想を話し合うときにも思いもよらない視点に気づくことができ、自分と違うターゲットに情報を提供することが多いデザイナーの職業として、この経験はとても貴重でした。

親の意図を考えている

大学の卒業が延びたわたしを見かねたお節介な親が、1年だけ授業料をくれました…。大学進学を否定してたんですけどねえ。

今思うと、高専時代の自分自身は日々の授業やレポート提出を嫌々やっていて気持ちがとても疲弊していました。が、部活の人たちと遊んでいるのがたのしかったので、遊んでばかりでやる気がないように見えてたんでしょうね……それならお金は出せなくなりそう。わかる。

多分、そのまま高専上がりでその専門で進学していたらきっと大学のお金は無駄になっていましたね。。

まとめ

なんとか大学も卒業し、希望していたWeb系の仕事もやれました。
いま高専つながりでお仕事をいただくことも増えてきました。

PRになっちゃいますが、イラストを担当した『ゼロからわかる Ruby 超入門』の著者のおふたりも高専出身です。ぜひ買って読んでね(•ㅂ•)/♥

gihyo.jp

Amazon - ゼロからわかる Ruby 超入門 (かんたんIT基礎講座)

高専卒業して社会に出てから気づいたことは、技術的・専門的なことと、それを学びたい・知りたい人をつなぐ架け橋的な役割の人ってそれほど多くないということです。
Ruby超入門』は初学者向けの本で、高専時代に学んだプログラミングの知識を活かして親しみのあるかわいいイラストを書けたのが自分にはとてもよかったです。

引き続きそういうお仕事も続けていきたいです。
以上です。

デザイナーおかんと家族の日々の過ごし方

f:id:damdom:20191206064018p:plain

この記事は オトンとオカンの自分時間捻出術 Advent Calendar 2019 6日目の記事です。
昨日は、いしちゃん@エンジニアおかん さんでした。

べこ(becolomochi)と申します。おかん2年目、フリーランス2年目です。 仕事は、デザイン〜コーディング〜フロントエンドをやったり、キャラクター作ったり、UI改善したりCSSリファクタリングをよくしています。 関係ないですが数年前から巨大建造物でありたまに放流もするダムにハマりまして、ダムマイスターもやっています。

ダムのアドカレ作ってます。もし興味のある方ぜひ…!

adventar.org

続きを読む

愛好家の展示を見て好きなものについて考えていた

f:id:damdom:20190722072533j:plain

ダムマニア展に行ってきました。 第5回は2019年7月7〜25日の開催です。

www.suigen.jp

前にも行ったことがあり、そのときは前々回?の2015年だったと思う。 その頃は通信制の大学に通っていて、仕事の合間をぬって課題をやったり週末授業を受けていました。 最後の課題である卒業制作でダムの写真集を作ろうとしていたので、あちこちのダムに見学に行っていたついでに見に行きたいと思っていってきたのですよね〜。

その時作った卒業制作はこれ。 学部の賞をもらったけど最優秀は逃してて2番目3番目くらいの成績でした。 (いろいろ直したいのだけど放置してしまっている…

素顔のダム Web - べころもち工房

ダムマニア展をやっている相模湖交流センターは高速を使う場合は高尾山ICから降りると良いとのことを前日にダムマイスターおかん部会の町田さんから教えてもらいその通りに降りました。

おかん部会について

ダムマイスターで子持ちの母の「ダムマイスターおかん部会」というグループ?があります。 現メンバーは町田奈桜さん(ダムマイスターとしてメディア出演もされたことがある方。気さくで優しい〜)と私(イラスト担当のペーペー)の2人です。

こどもをダムに連れて行くことを推奨し、子連れでダムを巡るときの「おかんの知恵袋」的な情報を発信していくことを目指しています。

www.facebook.com

マイダムカード

で、ダムマイスターおかん部会ではダムマニア展で「マイダムカードを作ろう」というワークショップを週末に開催しておりました。最終日の25日もできるかもとのことです。

自分自身も一度はみんなが楽しくダム打設してるところを見たかったので、予定のついた20日土曜日に出かけてきました。

お子さんから大人まで楽しくダムカードを作っていました。

自分も作ってみた!

川が書かれた台紙にパーツを貼って、

書いたり色を塗ったりして完成〜〜!

ダムカードのデザイン

ダムカードモチーフは分かる人には認知されている=デザインとして成立している というのすごいと思うんですよね…!名刺をダムカード風で作ったりしている人もいたりして。

  • 紺色の太枠
  • 内側に黄土色っぽい細い枠
  • 左上に名前
  • 右上にアルファベットいくつか(ひとつの場合もある
  • 右下にアルファベット1個(2個とかの場合もある?

ダムカードっぽさが出る。

いらすとやにも素材があるw 認知度…!

www.irasutoya.com

以下考え事

ダム以外にも他にも好きなものはあるけど、共通点はどこかあるかな?を考えていた。

  • 歴史がある
  • ビジュアルを面白く感じることができる
  • 手仕事なもの

が好きなのだと思う。

その考えで行くと、他の好きなものは以下、

が同じジャンルに入る!大発見!お前らダムだったのか…!(ちがう

将来また他のものに興味が湧くとすればこのジャンルになるのではないか。

長く愛されるものとか使われるもののデザインとかが好きなんですよねえ。新しい洗練されたものはどんどん生み出されるし消費されるけど、経年劣化を良いものと捉えて使っていきたいみたいな気持ちがあります。

まとめ

ダムマニア展は25日までなのでぜひおでかけください。住んでいる群馬から近ければもっと回数行けたのですが、、、申し訳ない…(汗

そして子守をしてくれた旦那さんに感謝。

気づいたこと2019年上半期

日記です。
自分のことについてあんまり理解できてなかったところがまた少しわかってきたので書いておこうと思う。

  • 人と話すのが苦手だと思っていたけれど、人によって話せたり話せなかったりが極端 といったほうが正解。
  • 相手の希望に対して的確に打ち返すのが好き。
    • 例1)相手「こういうキャラクターがほしい」
    • 例2)相手「このUIのこの部分が使いづらいので直してほしい」
    • 私「なるほど〜。それではああいうのが良さげですね。ちょっと作ってみます」→結構なスピードで作る。
    • 相手「そうそう!こういうの。ありがとう〜」
    • こういうのが良い。
    • 作業の体感速度も速いほうがいい。
  • デメリットはこの方法は相手次第という点。前提(改善点)が存在しないとできない作業。
  • 自分で問題を見つけて改善できるようにならないとだとは思っている。
  • 作業は自分の範囲はそれなりの裁量を持たせてもらったほうが動きやすくやりやすい。
  • 提案するのが好き。